環境科学研究室とは?

本研究室では「熱・物質移動現象の把握と制御」という学術基盤を礎として、エネルギー・環境問題の解決に向けた様々な技術開発に取り組んでいます。主要な技術開発分野として、排熱等の積極利用の促進にむけた熱駆動空調システムや蓄熱システムの研究開発(熱利用省エネ技術開発)、エネルギーの輸送や貯蔵性に優れた液体燃料の製造やそれを使用した燃料電池の研究開発(液体燃料の使用を想定した創蓄エネルギー技術開発)、ガスの分離・濃縮精製や環境浄化に向けた温度差・圧力差などを駆動力する高度吸着・吸収プロセスの研究開発(高度ガス分離・濃縮・環境浄化技術開発)などに取り組んでいます。これらの技術開発を通じて、二酸化炭素排出量の削減、炭素循環、再生可能エネルギーの利用促進、環境浄化等の地球規模の環境問題の解決に貢献したいと考えています。

MENU